スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある残欠に… 
じてんしゃ 生涯、この日を忘れることなど無いだろうと思っていた母の命日。これに気付かず、幾日かを過ごしてしまった。

なんたる失態と慌てつつ、若い時代の残欠を、ぎゅうぎゅうと押し込めてきたカバンの中に、母の資料をまとめたファイルを探した。だが、今度は、そのファイル自体が見当たらない。

しまね自然の学校の拠点を現在の場所に移すことを決めた数年前、古い活動の記録をデジタル化するなどして整理した。その時に、個人的なデーターの一部も同じように整理したのだ。思いかえせば、そこには母のファイルも確かにあった。

しかし、その先がどうしても思い出せない…!。

たかが数年前のことである。そろそろ六十が近くなって、体力的な老いは、その日々の暮らしに感じることがさまざまにある。だが、それらは、命ある生身の当たり前のことだろうし、あまり気にもならない。

しかし、ことは、自分にとってこの上も大切なことと意識してきた母に関わることである。このおろかをどう理解すれば良いのか、思いも及ばぬままに…。

言うなれば、その残欠を寄せ集めて自らの記憶の中に没頭する数日を過ごすことになってしまった。

そして、その状況が、わたしのパーソナルなものに基づくのでなければ、「人間とは、かくも不幸な存在なのか!」と思わざるを得ないところから、その物語ははじまった。

アリストテレスは、その『悲劇論』に「カタルシス」という言葉を記す。これが心理学・精神医学などに使われれば「抑圧されていた心理を意識化させ、鬱積した感情を除去することで症状を改善しようとする精神療法」をさすそうだ。

まあ、しかし、そう言ったことについて難しく考えても、とりたてて具体的な意味など見出せない。わたしの事実とは、ただただ、その「カタルシス」を必要とするレベルの思いの中に、悲劇の扉を開けざるを得なかったというだけのことなのだ。

しかし、怒りや悲しみ、そして、絶望、憎悪などなど…!。なにゆえに、われわれの生きるにこうした「不快な言葉」が必要なのだろうかと考えてしまう。

二十二歳のとき、わたしは壊れた! 。

そう、「壊れた」という言葉がもっとも適切なのだ!。なぜなら、そこには先に記した「不快な言葉」などあて嵌まらない。厳密に言えば、わたしが数年を過ごした不可思議なときは、いまに思い返しても、それら「不快な言葉」などでは表現できず、理解しきれないレベルにあったのだ。

ときに、悲しみの中に立ち戻ることもあった。そして、怒りのさきの憎悪の限りに居たことも…。

そして、壊れつつも、その不可思議の中に、辛うじて止まることが出来たのは、ともすると「マザー・コンプレックス」などという言葉までを連鎖しなければ、理解し得ない母の存在によるようだ。

この言葉は、なぜか「母性」から自立できない人物を侮蔑するかのように使われる。馬鹿げた話だ。これは、その感謝の思いに身動きできないほどの「母性」に出会ったことがない。もしくは、それをそれと感じることが出来なかった者の妬みレベルの認識に基づく言葉なのではないかと、わたしは考える。

なぜなら、この二十二歳のときに、わたしはその母の存在こそに支えられたからである。

ここでも陳腐な言葉など使えない!。確かなことは、あの時に母が居なければ、わたしは、たしかに壊れ、その後を生きてなどいなかっただろうということだけだ。

そして、もう一つ!。わたしを支えてくれたものがある。

何日もなんにちも…。何ヶ月ものあいだ、わたしに「考えることを止めさせてくれた」道具である。「アルプス・ローバー」という名の「もの言わぬ相棒」とも言うべき存在だ。

そして、じつはこの相棒が、わたしに益してくれたものは「考えること」を止めさせてくれただけではない。この相棒とともに居たことで、その関わるすべての人々に、いわゆる「さまよえる異邦人」として向き合ってもらうことができたのだ。そして、この国の「止まる人々」は、じつに「さまよえる人」に優しかった。

「止まる人々」にとって「さまよえる異邦人」とは、いつの日か必ず居なくなる存在であるのだろう。そして、それを前提にする関係とは、つまり、その後に災いや遺恨といったものなどを意識させないですむのかも知れない。だけに、「さまよえる異邦人」が「さまよえる人」でありつづけるなら、人々は、その関係にこの上のない優しさを持って向き合うことが出来るようだ。

わたしは、どうやらそこにこそ救われた!。

どこをどう走ったかなど思いだしようもない!。ただただ、何ヶ月もの旅果てをさまよった。そして、何年ものあいだ、この相棒とそうした旅を暮らして、わたしは自らの内なる長いトンネルを抜け出ることが出来たのかもしれない。

母のファイルは、いまだ見つけられない。しかし、その失われた記憶を探すうちに、わたしという存在そのものを支えてくれた断片を、この懐かしい一枚の写真に見出すことが出来た。

しかし、残念ながら、この我が相棒も、いまは無い!。

せめて、甦った断片だけは、二度と失うことなどないように、この一枚の写真とともに止めて置きたいものだ!。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。