スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「したいこと」と「しなければならないこと」と…。  
子どもたちの「したいこと」と「しなければならないこと」は、そのままに「遊び」と、「学び」とに置き換えることが可能なのだろうか。

「したいこと」とは、それがどういうことであれ、必ず、なんらかの「心地良い感情」を伴うことなのだろう。だとすれば、つまり、それが「誰かのために」などという思いに基づくものだとしても、つまるところ自らの利益のため行為であると言えるようだ。

ときに、そうした体験こそが、子どもたちの誰の中にも備わる「育とうとする力」を刺激して、「自らを育む」という大きな結果をももたらすことでもあるのだが…。

また、子どもたちの「しなければならないこと」を、しまね自然の学校や焚き火小屋でのさまざまなシーンに見れば…。それは、テントを張ったり調理をしたり、ときには森に入って燃料となるたきぎを集めてくるなど、そのすべてが仲間の一員としての自覚に基づくことであるようだ。

そして、おもしろいことに、自然の学校の場合「しなければならないこと」に積極的な子どもたちは、そのリピート率が高いようだ。もしくは、何度かリピートするうちに、こうしたことに積極的になってくるとも言えようか。

これは、「なにをして良い!」のか。もしくは「何をしたらいけないのか!」など、しまね自然の学校のシステムやその質的なムーブメントを解して、彼ら自らが、そこに「自らに益するものやこと」を理解したさきの状況であるようだ。そして、そうしたことを解した子どもたちが群れるとき、じつに彼らは主体的でパワフルだ。ここに、いたずらに「指導者」や「指導的な状況」など必要ない。

いや、厳密に言えば、ここに大人など必要ないのかも知れない。ときに「子どもたちのために!」などと、じつはそれこそが本来的な対人関係の有り様を見失った「エゴにもちかい自己満足」に基づくものだと解さない大人の、いわゆるボランティアな指導などもってのほかとしか言いようがない。

しまね自然の学校のような団体が「しなければならないこと」とは、つまり、子どもたち自らが、そうした主体的になれる状況を作り出せるように支援することである。だが、しかし、そのためのスキルやノウハウはどこにあるのか。

永く、これが疑問だった!。

島根に「ワケス」という言葉がある。これを、本来的に関東人であるわたしは「若い衆」ぐらいに解していた。だが、じつは、こちらではその意味するところが少し違うようである。この言葉をある講演のときに使って、現在の島根県教育庁教育委員会の藤原義光教育長にお叱りを受けた。「お前の発音とイントネーションでは、どうにも本来的な意味が伝わらない!」と…。

出雲のこの言葉には明確に「次世代」という意味があるようだ。

そうなのだ! 子どもたちとは、地域社会の次世代でもあるはずだ!。 だとするなら、その次世代の育ちの支援にもっとも大切にするべきものとは、子どもたちそれぞれの帰属する地域社会の日々の暮らしの中にこそあるはずだ。

では、その具体的なヒントはなんだ!。

写真は、札幌に在住して、「meLL flowers」という花屋を経営する知人が作ったこのお正月の「松飾り」である。しかし、この気高さと品位ある美しさはどうだ。素材は若松、稲穂など、誰でもが当たり前に知るものばかりだ。にもかかわらず、この美しさはどうだ!。

知人の美意識の高さ!。そして、フラワーアーティストとしてのスキルやセンスが、どれほどに高いかなど言葉にするまでもないだろう。だが、意識されるべきは、それらがすべてではないようだ。知人のブログやホームページには、その仕事上のパートナーへの配慮や、ユーザーへの気配りがあふれている。

花を思うおもいや、花束を手にする人々への心遣いがあふれているのだ。

つまり、この松飾りの品位と美しさは、これを作った知人に内在する「社会に一員としての品格ある美しい自覚」に由来するのだろう。

だけに、これを前にする大半の人々が、この美しい松飾りに心地良い緊張をともなうレベルの「日本人」としての「帰属感情」をも刺激されるのだ。つまり、この松飾りは、社会に一員としての自覚を呼び覚ます美しいシンボルになっているのだろう。

子どもたちが、いわゆる「ワケス」であるなら、その育ちの支援者が意識すべきものがここにこそあるようだ。この知人の松飾りを作ることは誰でもが出きることではない。だが、その質的なものを理解し意識することは、けして難しいことではないはずだ!。

家族で、襟を正して新年を祝う。

久しぶりに帰省した娘のために、我が家ならではの心地良い「晴れの日」を用意する。

だからと言って、それらに豪奢を気取るなど馬鹿げている。大切なことは、関わるそれぞれが、心地良い帰属感情を刺激されるレベルに襟を正して贅を尽くせば良いことだ。

言うなれば、花一輪の心地良さを大切にして…。

そして、これは、しまね自然の学校のような体験教育事業体の立ち位置もまるで同じなのだ。

まずは、子どもたち自らが自然の学校を心地良いと感じられ、その帰属感情を刺激できるような状況を意識する。ときに「焚き火小屋」は、その目に見えるかたちであるのかも知れない。また、メニューやプログラムに、彼らが「島根」を、「オリジナルなものと意識できるよう」にシンボリックなものを用意するなど…。

これまでに、機能したものをあげてみれば、まずは「しまね自然の学校」のロゴだろうか。これがなぜか子どもたちに人気がある。つぎに森に遊ぶときの子どもたちは大半の場合クライミング用のハーネスを着ける。木登り、岩登り、沢に遊ぶときなど、現実に必要だからなのだが、子どもたちにとって、こうしたギアーは自然の学校に参加しているという意識を高めるシンボリックなものであるようだ。

そして、そうしたものが「お前用…!」と手渡され、これを大切にすることをピアリーダーたちに教えられることで、彼らは自ら、自然の学校への帰属感情を育んでいくようだ。つまり、そのさきの「しなければならないこと」に、子どもたちは主体的にパワフルになるのだ!。

「しなければならないこと」を「したいこと」にすり替えて…。

ともあれ、新年!。

幸いにも出会えた「meLL flowers」さんのこの美しい松飾りをシンボルにこの一年を心地良く過ごしたいものだ!。




※美しい「松飾り」の写真は、「meLL flowers」さんにお願いして拝借した。感謝!。ちなみに、クリックすればオリジナルのスケールになる。ちなみにホームページはhttp://mellflowers.com/だ。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。