スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Thinpad240z+Debianに「Pyroom」が入った!。  
もう、最高だ!。

やっと、思いどおりになった。昨年末から、想い描いていたささやかな夢が叶ったと思えるほどに心地良い!。

Thinkpad240z にminimal install したDebianの上で、どうしても動かしたかった editorがあったのだ。Macの「WriterRoom」という、じつに美しいeditorのデザインコンセプトを元に、pythonで書かれた writeingアプリなのだ。昨年の秋ごろ、その存在を知って、自作したディスクトップパソコンにインストールしたUbuntuの上で使ってみた。そして、じつにMac譲りの美しさと、その快適なユーザービリティーに感動していたのだ。

そして、出来れば、これをメインの Thinkpad240zの上で使いたかったのだ。だが、残念ながら、そのスペックが低すぎてこれが思いどおりにならないでいた。ThinkpadにインストールしてあるDebianでは、このアプリが依存関係にあるpythonなどのパッケージがインストール出来ずに、なす術もなく悶えていたのだ。

結局、そのために知るべきことの理解に、気付いてみれば2ヶ月ほども懸かってしまったことになる。しかし、上出来だ!いや、まったく最高の気分だ!。

じつは、Ubuntuなら、このアプリにはUbuntu用のdebパッケージがある。だから、GDeb Packageインストーラが使えて、たやすくインストール出来たし、共存関係なども、昨年ぐらいのバージョンならUbuntu8・4でもまったく問題がないと思う。

だが、Ubuntuは、それ自体がThinkpad240zレベルに使うには重すぎる上に不安定な要素が多すぎてまともに動かないし、とても使う気になどなれないのだ。だけに、安定性抜群の上に、アプリの並列機動まで可能なほどにカスタマイズが容易なDebianがお気に入りなのだ。

しかし、提供するアプリは徹底的にチェックされ、その安定性こそをもっとも重視するDebianである。Pyroomのような比較的に新しいアプリなど、そのリストにも入らないし、共存関係の課題を解消しながらこれをインストールするなど至難の技である。

つまり、これを理解するに2ヶ月も懸かってしまったのだ。だが、嬉しいことに上手くいった!。

見てくれ!この徹底的にシンプルに美しいインターフェースを…!!。

最終的に選択したことは、Debianのsqueezをminimal installしたことだ。そして、ウインドウマネージャーも、軽く動くタイリング型の「Ion2」を選んだ。また、その他のアプリも、[top]や [pstree]のコマンドを実行しつつ、原則的にCliベースに動くものを選択して…。

ともあれ、Debian+Ion2に補助的に Openboxをいれて、Vim+ScreenがWritingの常用環境。これに音楽はAlsa+mocで楽しんで、メールはGmail+mtuuを使う。つまり、GUIなアプリを出きるだけ避けることで、Thinkpad240zがビンビンに動く心地良くて、じつに美しい環境を手に入れることが出来たのだ!。

しかし、あまりの嬉しさに、人間、願えば「叶わない夢などない」のじゃないかと思えてくる!



distractionless fullscreen text editor

PyRoom is a free editor that stays out your way - and keeps other things out of your way, too. As a fullscreen editor without buttons, widgets, formatting options, menus and with only the minimum of required dialog windows, it doesn't have any distractions and lets you focus on writing and only writing.







スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。