FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あるがままにあることこそを… 
子どもと大人が「遊びをせんとや生れけむ、戯れせんとや生れけん…」と、ともに過ごす…

雨の降り続いた今年の夏のしまね自然の学校のロングキャンプ…

自然の学校の子どもたち…
初めて参加した少年と、十年前から参加していまでもサポーターとして関わる青年たち…

びっくりするような竹細工…

シンメトリーな構図の持つ胡散臭さに気付いた少年…
磨くこと、プラスすることよりも、削ること、捨てることのすごさに気づく…


あるがままにあることこそを大切に、教えることも教えられることも、否定も肯定も意識せずにともに過ごす隣人との関係のここちよさ、そして素晴らしさ…

最終日のランチは、握りめしと冷汁と玉子焼きと茄子の煮付けなど、こころのこもった「母の存在」する保護者の差し入れ…

ちなみに、スタッフの参加費は一日あたり二千円…

ーーーー

さて、キャンプの撤収に出かけた鷺浦で、「コンヴィヴィアリティ」を意識させられた今日のこの想いはどうまとめれば良いのだろう。
スポンサーサイト
 
secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。