スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「溶接をする」 
「溶接をする」

半年ほど使わなかったエンジン式の溶接機が起動しない。本来的に野外での使用が想定されているとは言えメンテナンスもせず、野ざらしにもちかい環境に置いてあったことが災いしたようだ。

これを、どの程度痛んだのかを調べるために、その外装を分解してみた。外部にむき出しのコードの類の劣化はあるが、内部の電装部品などは思ったほどに酷くはないようだ。しかし、エンジンスターターがまったく反応しない。

見た目には目立った問題は見当たらないが、どうにもバッテリーが完全に自然放電をしてしまっているらしい。とりあえずガソリン・ラインのクリーニングとオイル交換をして、車のレスキューキットを使って起動してみることにした。

考えれば、わたしの田舎暮らしは「溶接をする」作業にはじまり、この二十年を日常的に溶接機とともにあったと言っても過言ではないかも知れない。その住まう「倶楽部はうす」や「焚き火小屋」の改装をはじめ、そこに必要なテーブルや椅子の類から調理に使う道具類までをこの溶接機を使って作ってきた。つまり、自らの暮らしに必要なものの大半を「鉄」を素材にして、この溶接機を頼りにすべて自作してきたということになる。

「鉄」を素材にして暮らす…。

いまどき、都市に暮らして、そのすべてを経済に委ねる人々には、その意味するところが見え難いことかも知れない。しかし、現実には、現代社会の人々の暮らしとは、この「鉄」なくして、もはや成り立たないレベルにあるはずだ。つまり、いわゆる「特殊鋼」などと言われるものも、その「鉄」の先にあるものだと言えるのだとすれば、それは、数え上げることなど出来ないレベルに人々の暮らしに深く関わるのだ。

そして、そのもっとも解りやすい例が、つまり「車」なのだろう。

現代の産業主義的なロジックは、じつに巧妙に、この「車」という道具に経済学的な資産としての価値があるかのような錯覚を、人々に与えることに成功したかのようだ。人々は、まるでそれが高額な衣料品や、やっと手に入れた高級住宅でもあるように、その表面を磨き上げることに余念がない。これを馬鹿げているとまでは言わないが、溶接機を片手に、若い世代の自慢げなそれらを見ていると情けなくて、少々悲しくなる。

まあ、価値観とは、確かに人それぞれに違うのだろう。だが、それがどの程度のことなのかを理解するために、一度車の塗料を全部剥いでみれば良い。出てくるのは、良くぞここまで薄くしたと言うレベルの二次利用などまったく出きそうもない「鉄くず」であるはずだからだ。

ちなみに、わたしはこの20数年をラダーフレーム構造の車に乗り続けている。当然、その理由は、「溶接機を使った修理」やメンテナンスが簡単に出きるからだ。だけに、現在のジムニーも、ときどきサビ止めのためのペンキは塗るが、ワックスなどをかけたことはない。

都市に暮らせば、その限られた条件やルールの中で、個性やオリジナリティーを主張することがなかなかに難しい。ひっきょう、人々は「モダン」と言う言葉に隠された「限られたものの中から選択する」しかない。つまり、ここに「作る行為」は、ともすると無駄な、そして、じつに難しいことであるようだ。

だが、しかし、溶接機を片手に、この二十年を田舎に暮らしてみて考える。本来的に田舎に暮らすとは「作ること」に終始する。ときに「作り」、また「造り」、そして「創ろう」という意識を持つことが出来なければ、つまり「田舎には、何もない!」と理解するほかになくなってしまう。

しかし、現実には、島根のような豊かに美しい農山村風景の中での暮らしにも、些細な便利を隠れ蓑に、地域から「個性やオリジナリティーを排除する」産業主義的価値観が蔓延するようだ。結果、人々が丁寧に育み育てた里山などの莫大な資源が価値のないものとして見向きもされず、大型量販店に並ぶゴミにも似た規格品が大手を振ってまかり通る。

そして、その理由は「農林業が機械化された」ことによるようだ。つまり、その暮らしや仕事のためのさまざまな道具類が「工業製品化」されたことに因ると言えるのかも知れない。

この社会的な変化は、農山村から、人々が、自らその風景や風土にあった暮らしに必要な「道具を作る」というもっとも大切な文化を破壊し尽したようだ。とりわけ、村々から「鍛冶屋」が消えたことは、その大きなきっかけになったのかも知れない。つまり、刃物などの「鉄」を扱う技能者が農山村から消えたのだ。

農業の機械化が進められ工業製品が農山村に入ったことで、まずは「鍛冶屋」が食えなくなった。そして、このことが、人々から「自分の手に合う道具」を取り上げる。ちなみに、工業製品とは、いわゆる「鍛冶屋」が作る「巧者な人の手に合う道具」に比べてみれば、圧倒的にそのクウォリティーが落ちるのだ。

つまり、自らに暮らしに必要なものを、その質高く自分で作るなど出来なくなる。

わたしが上津に転居して、はじめに関わった地元の方は、壊れた「鍬」を持ってきた近所の古老である。つまり、「これ、なんとかならんかね!」と…。そして、次は「出刃包丁」の修理である。

いわゆる農業用の刃物の鍛造が主な「鍛冶屋」の仕事に比べ、「溶接」という技術は圧倒的に「工業製品」の加工や修理に有利なようだ。だが、この技術は、主に規格品を生み出す工業環境に関わらなければ、つまり「業」として成り立たない。だけに、残念だが、この技術を持つ者が、かつての「鍛冶屋」のようなレベルに農山村に暮らすことは難しいことだろう。

だが、鍛鉄・鍛造によって刃物などを作る「鍛冶屋」の仕事に比べれば、わたし程度の溶接技術の習得はさほどに難しいことではない。出来れば、田舎に暮らすなら、この溶接に技術を手にすれば良い。つまり、その暮らす風景や風土との関わりを大切に、自らの個性やオリジナリティーを主張することが可能な新しい田舎の暮らしのためにである。

ちなみに写真は、知人が届けてくれたお手製のスモークベーコンを美味しくいただくために作ったグリルパンである。こうしたものが、溶接が出来れば、一時間もあれば作れてしまう。

また、薪を燃料にする「パン焼き窯」や「かまど用のグリル」など、本来的にこの国の農山村に無かったものをこれまでに幾つか作ってみた。そして、これらがじつに新しい時代の田舎暮らしの可能性を感じさせてくれる。

これから新しい田舎暮らしを意識する人々に、ぜひ「溶接をする」技術を身につけて欲しいものだ。

ともあれ、わたしの田舎暮らしの相棒ともいうべき「溶接機」の修理が済んだ!。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。